​  これまでの仕事

​ (訴訟・研究業績)

​主要な裁判

D1-Law(第一法規)判例ID:28282370 これは判決文全体が匿名化されて意味不明と思われますので,後に解説を書きます。
​地方自治体であれ,国家機関であれ,(公務員の刑事事件での押収は別にして)裁判所が行政文書を証拠保全のため,立ち入った例は調べる限り見つかりません。
2020年12月日に上記訴訟の控訴審で逆転勝訴判決を得ました。弁護団は5名の弁護士からなります。判決文はマスキングのうえ,判例誌等で公開されます。当面,判決直後の9日から10日にかけての新聞・テレビ報道一覧にリンクをはっておきます。

研究活動 ― 最終講義(2016年2月20日)

1時間40分
スライド101枚
スライド118枚

​外国の司法と地方自治

様々のパワーポイント画像や動画を追加していきます。

​主要著書

著書(抜粋)

  • 『合併しなかった自治体の実際』(監修,公人の友社,2017年)

  • 『司法改革と行政裁判』(日本評論社,2016年)

  • 『新版 自治体法務入門』(共編著,公人の友社,2016年)

  • 『国際比較の中の地方自治と法』(日本評論社,2015年)

  • 『地方自治の基礎概念 ― 住民・住所・自治体をどうとらえるか』(共編,公人の友社,2015年)

  • 『分権危惧論の検証 ― 教育・都市計画・福祉を題材にして』(共編,公人の友社,2015年)

  • 『テキストブック現代司法[第6版]』(共著,日本評論社,2015年)

  • 『地方自治制度“ 再編論議” の深層~ジャーナリストが分析する~』(監修,公人の友社,2012年)

  • 『自治基本条例は活きているか!? ― ニセコ町まちづくり基本条例の10年』(共編著,公人の友社,2012年)

  • 기사 시게오・이가라시 다카요시・호보 다케히코 편저, 강신일 역 (2006)『일본 지방자치의 오늘을 본다』 건국대학교출판부(姜信一訳,建国大学校出版部)(原著:木佐茂男・五十嵐敬喜・保母武彦編著『分権の光・集権の影』(2003年))

  • 『わたしたちのまちの憲法―ニセコ町の挑戦』(共編著,日本経済評論社,2003年)

  • 『分権の光 集権の影』(共編著,日本評論社,2003年)

  • 『自治体の創造と市町村合併』(監修,第一法規,2003年)

  • 『Internationalisierung von Staat und Verfassung im Spiegel des deutschen und japanischen Staats- und Verwaltungsrechts』, Berlin, Duncker & Humblot, 2002, 432S. (Rainer Pitschas と共編)

  • 『地方分権改革』(共著,法律文化社,2000年)

  • 『自治体法務入門〔初版〕』(編著,ぎょうせい,1998年)

  • 『地方自治の世界的潮流(上)(下)』(監修,信山社,1997年)

  • 『自治体法務とは何か』(公人の友社,1997年)

  • 『豊かさを生む地方自治: ドイツを歩いて考える』(日本評論社,1996年)

  • 『環境行政判例の総合的研究』(編著,北海道大学図書刊行会,1995年)

  • 『テキストブック現代司法〔初版〕』(共著,日本評論社,1992年)

  • 『人間の尊厳と司法権』(日本評論社,1990年)

  • 『地方自治法の論点』(共著,有斐閣,1982年)(現在,電子書籍化)

​論文その他重要なもの抜粋

・『法律学小辞典(新版)~(第5版)』(分担執筆,有斐閣,1994年~2016年)

・「全国裁判官懇話会が果たした役割とこれからの課題―全体会の記録を読んで」全国裁判官懇話会全記録刊行委員会編『自立する葦』(付録CDに懇話会全記録収録)(判例時報社,2005年2月)48~67頁

・『注釈地方自治法』(加除式)(分担執筆,第一法規,1992年~2019年まで28年間,毎年改訂)

​随想・短文など

詳しくは,こちら(整理中・未掲載)

外国での講演,​国際シンポジウム報告など

〔古い順〕

ドイツ: パッサウ大学,シュパイヤー行政大学院,リューネブルク上級行政裁判所,キール大学,ヴュルツブルク大学,ドイツ内務省(ベルリン市)

大韓民国: 釜山大学,東亜大学,啓明大学,韓国環境法学会(ソウル市内会議場),ソウル市役所、ソウル市立大学

台湾(中華民国): 司法院(=憲法裁判所,最高裁判所),台湾裁判官研習(ママ)所,中央警察大学,高雄大学,台北市内公務員研究所(東アジア行政法学会)

中国: 山東大学,中国人民大学,南開大学